DSC_0826.JPG

​御由緒

​ 御祭神  


応神天皇 仲哀天皇 神功皇后

​宇佐神宮より勧請し柳井市北西の黒杭の地に鎮座されました。


人皇五十四代仁明天皇の御宇天長十年三月六日(皇紀一四九三年)黒杭の地より現在の地に移され吾田八幡宮と称されておりましたが、或る年の五月、田植えの際自然田の中に幣帛下りそのご神徳を得られた事から現在の『代田八幡宮』と改称されました。


旧柳井町の総氏神として諸民の崇敬厚く、また桜町天皇の御宇元文三年(皇紀二三九八年)正一位代田八幡宮の神階を授かりますます崇敬されております。